自己啓発って何?あなたは答えられますか?

office-620822_960_720

今日は自己啓発について書いていこうと思います(*^^*)
 
 
あなたは「自己啓発とは、どういう意味だろう?」そう考えたことはありませんか?
 
 
なんとなく意味はわかる。でも、人から「説明してください」といわれたら困るなあ・・・。そんな方も多いと思います。
 
 
たとえば、あなたが、あなたの友人から、「自己啓発とは、どんな意味?」って聞かれたら、どう説明しますか?
 
 
私自身、ふと疑問に思い、国語辞典で意味を調べてみましたが、

【自己啓発】じこけいはつ
本人の意思で、自分自身の能力向上や精神的な成長を目指すこと。また、そのための訓練。
 
などと書かれていて、なんとなく意味はわかるものの、うまく説明できない感じ。
 
 
特に自己啓発とは何で、何ではないのかが、あいまいな印象ですよね。
 
 
たとえば、勉強は自己啓発に含まれると思いますか?またダイエットに関する行動はどうでしょう?自己啓発でしょうか?
 
 
そこで、この記事では、わかっているようで説明しにくい「自己啓発」について、わかりやすく意味を解説します。
 
 
まずはじめに、どのような行為が自己啓発になるのか、少し例を上げて説明していきます!
 
 
具体的には、以下のような行為が自己啓発にあたります。
 
①本を読む
②講演会やセミナーなどに参加する
③オーディオセミナーを聞く
④コーチングやコンサル、カウンセリングを受ける
⑤異業種交流会に参加し経営者の話を聞く
 
 
この5つの例を見て、
サラリーマン Y氏
ああ、なるほど! 学ぶことが自己啓発ね!
と思ったあなた。
 
 
そう、そんな感じでまちがいはありません。ただし、注意して欲しいのですが、学ぶこと全てが自己啓発ではない、ということです。
 
 
自己啓発になるかどうかは、「何を学ぶか」が大事なのです。
 
 
たとえば、ダイエットのような実用度が高すぎるものは、自己啓発ではありません。
 
 
ダイエットの本は実用書に分類されるので、自己啓発とはみなされないのです。
 
 
サラリーマン A氏
うーん、一体どういうこと?
と疑問にお感じだと思います。そこで、私なりに定義をすると、自己啓発は次の2つの「両方」に当てはまります。
 
 
1.心の成長
2.能力の成長
 
 
本屋さんの棚で、ビジネス書の棚に置かれた本は、ほぼ全て自己啓発です。少し自己啓発について、ご理解いただけましたか?
 
 
私のオススメの自己啓発本などご紹介していこうと思うので、ぜひ見て頂けたらと思います♪( ´▽`)
 
 

↓画面をクリック↓

ブログラスト画像