なぜ私が【コーチング】をしようと思ったのか。私の想いを聞いてください。

IMG_1801

今日は、なぜ私がコーチングという仕事をしようと思ったのか?私の想いを書いていこうと思います。
 
 
日本の高度成長期、時代は「モノテク」の時代。さまざまなものが開発され、物がどんどん売れていった時代です。
 
 
日本の大手企業のほとんどはこの頃に急成長を遂げています。
 
 
時代が進み、今の現代、ほとんどの物は存在し、物で溢れている今、ITの時代に突入しています。
 
 
ITの普及により、今まで関わることのなかった人と人が出会い、SNSを使ったコミュニケーションが当たり前になっています。
 
 
ただ、どんな物にもメリット・デメリットが存在します。
 
 
SNSの普及により、気軽に人と人との出会いが増えた一方、人間関係の薄さ、顔が見えない状態で簡単に人を傷つけ、人と人の繋がりが薄くなっている時代でもあります。
 
 
リアルに日本の人口は減っているのにも関わらず、年々自殺者は増加の一途をたどっています。
 
 
そんな時代だからこそ、今後ITが普及すればする程、心を扱う産業、コーチングやカウンセラー、占い師などの、人の心を扱う仕事が必要とされる、まさに「心の時代」だと私は思い、現在の仕事【コーチング】に至りました。
 
 
クライアント様に日々全力で向き合い、気付きを与えています。
 
 

↓画面をクリック↓

ブログラスト画像